読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はむの備忘録

札幌近郊の食べ歩きやガジェット・日用品のレビュー、動物写真など。

一眼レフカメラの収納に、「HAKUBA ドライボックスNEO」

広告

カメラをきっちり収納する。

f:id:ham29:20151112220158j:plain

一眼レフカメラを使っている人はどのように保管していますか??
そのまま机に置く人、バッグにしまったままの人もいると思いますが、せっかくなら専用のケースに収納することをおすすめします。

私はカメラ用品を扱うHAKUBAの「ドライボックスNEO 15L」を使っています。
カメラ本体、レンズ、スピードライト(いわゆるストロボってやつ)を収納しています。

f:id:ham29:20151112221146j:plain

こちらはEOS Kiss X3SIGMA 17-50mm F2.8、EF50mm F1.8 Ⅱ、EF-S55-250mm F4-5.6 ISがあります。
(格安レンズばかりですね)
ケースの奥には以前紹介した繰り返し使える除湿剤、「東洋リビング モバイルドライ」を入れてカビ対策をしています。

f:id:ham29:20151112220445j:plain

ham29.hatenablog.com

反対側にはEF-S10-18mmをつけたEOS 70D、スピードライト430EX Ⅱを収納しています。

f:id:ham29:20151112220758j:plain

フタの裏には乾燥剤を3つ収納可能です。

f:id:ham29:20151112221020j:plain

おすすめの使い方として、ケースの下にHAKUBA製の「カメラ ざ・ぶとん」を敷くとキズ防止になります。

f:id:ham29:20151112222350j:plain

5.5Lのケースもあります。
こちらには充電器や電池などを保管しています。

f:id:ham29:20151112222558j:plain

カメラ二台にレンズ5本、スピードライト1つを収納でき、十分な収納力と言えますね。
またカメラやレンズを買い足すときには、もう一つドライボックスを買おうと思います。
(次は望遠レンズとマクロレンズがほしい......。)

カメラ以外にも封の開いたポテチや海苔なんかも収納すれば湿気るのを防止できますね。

↓替えの乾燥剤。

↓繰り返し使える除湿剤。

↓こちらは「カメラ ざ・ぶとん」。
数種類ありますが、今回紹介したケースには長Mサイズがぴったりの大きさです。