はむの備忘録

札幌近郊の食べ歩きやガジェット・日用品のレビュー、動物写真など。

スナップに最高、マクロもこなす単焦点! タムロンのSP 35mm F/1.8で夜の札幌の街並みをたっぷり撮影。

広告

お気に入りがまたひとつ増えた。

f:id:ham29:20171008150120j:plain

どうも、はむ(@_ham29_)です。
キヤノンのフルサイズ一眼レフ「EOS 5D MarkIV」を買ってから、3か月半ほど経ちました。 すでに3万枚弱も撮影していますが(すぐシャッター耐久回数に到達しそうで心配)、そろそろ明るい単焦点標準レンズが欲しくなりまして......。

買ってまいりました。タムロンの「SP 35mm F/1.8 Di VC USD (Model F012)」でございます。
35mmといえば、純正レンズやシグマ製レンズなど、各社が取り揃えている焦点距離ですが、”寄れて”、”そこそこ明るい”レンズを求めた結果、タムロンを選びました。

正直に言うと、これまでのタムロンは野暮ったくて敬遠していました。でも、ここ数年でデザインが洗練されて、とても魅力的になりましたね。

f:id:ham29:20171008154248j:plain

とりあえず撮ってみよう

購入してから初めての撮影です。夜型人間なので暗い時間から写真を撮ることがよくありますが、手ぶれ補正機構があるので、そんな暗い環境でも恐れず撮影に挑めます。

f:id:ham29:20171008145933j:plain

丸ボケがとても気持ちいい。

f:id:ham29:20171008145937j:plain

札幌なのに、「OSAKA」。

f:id:ham29:20171008145941j:plain

さっぽろオータムフェストの会場にて(もうイベントは終了しているので注意)。テレビ塔をアクセントにしてみました。望遠レンズなら圧縮効果でテレビ塔をもっと大きく写せますが、小さく写るのもまた面白い。

f:id:ham29:20171008145947j:plain

サッポロスマイルロゴ」。笑顔のように見える、ユニークなロゴです。

f:id:ham29:20171008145952j:plain

スタバでくつろぐ、至福のひととき。「ほうじ茶 クリーム フラペチーノ® with キャラメルソース」を頂きました。もうひと月くらい前の写真なので、もう販売終了してしまいましたね。けっこう好みだった。

f:id:ham29:20171008145956j:plain

年輪ボケが気になるシチュエーションも。

f:id:ham29:20171008150002j:plain

札幌の10月

日を改めて、またまた札幌の街を撮影しに行きました。またしても暗くなってからの撮影です。
札幌駅南口ですが、ガラスの反射を使ってシンメトリーな写真を撮ってみました。四隅を見られると詰めが甘い写真だとバレてしまいますが(笑)、気軽にこんな写真が撮れるのはこのレンズの強みですね。

f:id:ham29:20171008150009j:plain

1/4秒で撮ってみましたが、強力な手ぶれ補正のおかげで背景がブレずに撮影できました。これなら手持ち撮影での表現の幅が広がりそう。

f:id:ham29:20171008150015j:plain

普段は撮らない写真を撮ってみようと思うのも、500グラムを切る軽量なレンズだからこそ。EF24-105mm F4L IS II USMは800グラム弱あるからねぇ。

f:id:ham29:20171008150019j:plain

最短撮影距離は20センチ、とっても便利。目にピントを合わせると、鼻がボケました。これが開放F1.8の威力か。

f:id:ham29:20171008150025j:plain

これもまたサッポロスマイル。ちょうど笑っている部分が隠れちゃってるけど。

f:id:ham29:20171008150029j:plain

たくさんの花で装飾してありました。

f:id:ham29:20171008150033j:plain

赤れんが庁舎に移動してきました。

f:id:ham29:20171008150037j:plain

光と影が印象的。F8まで絞って光芒を出してみました。絞り羽根が9枚なので、光のすじは18本。意外とすっきりした写り。

f:id:ham29:20171008150040j:plain

赤れんが庁舎に続く道に、北海道の市町村の名前が彫られていました(何度も来ているけど、いまさら気づいた)。この写真には「あしべつ」「YUBARI」「砂川」などの文字がありますよ。

f:id:ham29:20171008150043j:plain

がっかりスポットと言われている「札幌市時計台」ですが、写真を撮ることでいろんな表情を見つけることができて、そんなこと無いよなあと思います。

f:id:ham29:20171008150049j:plain

夜の札幌で流し撮りもしてみました。この写真だけで場所がわかる人はいるかなぁ?

f:id:ham29:20171008150056j:plain

すすきのの夜は明るい。

f:id:ham29:20171008150101j:plain

どうやら見られているようです。

f:id:ham29:20171008150104j:plain

こういうシールって、わざわざ貼るために持ってくるのかなぁ。

f:id:ham29:20171008150109j:plain

35mmという画角は絶妙だと思いました。すこし前に出れば中望遠のようにも撮れる。すこし後ろに動けばより広く撮れる(当たり前だけどさ)。一眼レフカメラで写真を撮りだしてから7年くらい経ちますが、ようやく単焦点レンズの魅力を少し分かった気がします。

f:id:ham29:20171008150114j:plain

撮影の終わりはスタバでこの一日の写真を振り返ります(またスタバかい!)。スタバでは期間限定を頼むことが多いですね。ということで、今回は「アーモンド ミルク & グラノラ フラペチーノ」を注文。

f:id:ham29:20171008150125j:plain

EOS 5D MarkIVのキットレンズ「EF24-105mm F4L IS II USM」は高倍率でいて、絞り羽根が10枚であることから、夜景撮影には好んで使うんですが(光芒がギラギラしすぎないのが好み)、料理写真などのマクロ性能は不満でした。
それにフルサイズ用のレンズともなると大きくて重たいレンズが多いんですが、「SP 35mm F/1.8 Di VC USD (Model F012)」のような軽くて明るい単焦点レンズがあると気軽な街歩き写真が撮れてとても便利でした。
年輪ボケが出てしまうことは不満ですが、マクロ性能と手ぶれ補正がとても便利で、満足行く買い物ができました。

これからも街歩きや旅行で持ち歩きたいと思います。今後の作品にも乞うご期待!

f:id:ham29:20171008150129j:plain

▼今回の撮影機材。まあフルサイズ一眼の時点で気軽な撮影とは言えないのかもしれないけど、コンパクトなレンズは持ち運びが楽チンで、気負わないで撮れます。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4

▼EOS 6D Mark IIなら、まさに「軽やかにフルサイズ」って感じですね。

▼シグマの35mmはF1.4でめっちゃ明るいけど665グラムもあるので本気の撮影って感じがします。

▼50mmの単焦点レンズも検討中。すっかりレンズ沼にハマっております。

キヤノンの旧撒き餌レンズは持っていますが、逆光に弱すぎて......。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

今のところの候補は下の3本。果たしてどれを選ぶのか。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.4 USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.4 USM フルサイズ対応

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 50mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応 311544

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 50mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応 311544

▼単焦点レンズといえば、8月にシグマの魚眼レンズも買いました。こっちもお気に入り。

ham29.hatenablog.com